ざっきーのプラモデル製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【プラモデル製作記そのA】 CM2 アコードワゴン

<<   作成日時 : 2014/09/21 23:40   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

アコードワゴンの製作記そのAです。


ウチの前で、ブイブイふかしてるクルマがいたので「うるせぇなぁ」的な感じで外をみたら
何とあの世界初の量産型ロータリーエンジンを積んだ「マツダ・コスモ」で
思わず「うわぉ!!」って声に出したら、外を散歩してたおじさんと目があって気まずくなったザッキーです(笑)

先週は更新できなくて申し訳ありませんでした。。

何かの見間違えかもしれませんが、あれは確かに「コスモスポーツ」だったと思います。
あそこまで一瞬で興奮できたのは初めてではないでしょうかね。。。

ってしらねぇよって話ですよね(笑)

見間違えてたらあれですが、あの躍動的な(?)フォルムと独特のエンジン音は確かに
マツダ車であり、コスモスポーツだと思われます!


しつこいですね、はい(汗


このコスモスポーツ、マンガになってるんですよね。
コミック版のプロジェクトXはおもしろくて、図書館で読んだりするのですが
「ルマンを制覇せよ」〜ロータリーエンジン 奇跡の逆転劇〜と運命のZ計画“フェアレディZ”世界一売れたスポーツカー伝説は特に面白くて
それぞれ3回くらい読み返してると思われます(笑)
本が好きでもない私がハマった本ですので、このブログを見てるクルマ好きのあなたならきっと面白いと思うかも・・・
最寄りの図書館で探してみて下さい(笑)



と、前置きが長くなってしまいましたが
実はあまり時間がないので、チャッチャッチャと
おもちゃのチャチャチャと更新したいと思います(笑)
先週更新しなかった分、内容は濃いですか?と聞かれると自信がありません(滝汗



先週は全く作業をしておらず、今週の分の報告をさせてもらいます。
結果的にはここまで進みました。



画像




助手席側のサイドシルの構築が7割終了しました。
ここまでで3週間ですね。



画像



画像



画像




これと言って、特筆すべきことはないのですが
ただただ手間がかかっております。
この一言に尽きますね。

何が大変かといえば、1.2mm厚のプラ板を切り出すことですね。
0.6mmくらいはカッターで切って、後はパキッと折る感じで作業していますが
断面が汚くなるのが悩みですね・・・



画像




サイドシルでこれだけの奥行きがあります。
片方しかできてませんが、それなりに重量感を感じられて達成感はありますね!



そして、素晴らしく再現度の低かったバスタブインテリアは・・・



画像




こんな感じで、内張り部分をトリミングして、すっきりさせたあとに
フロアで2分割し、長さを調整しています。



画像




黄色いパテの部分から座面までカットして前側に詰めてあります。
背面は、シートバックの裏の一部を薄く削り、極力タイヤハウスに近づけるとともに
先日の記事に書いた「タイヤハウスに被っています。」の様子を再現すべく
プラ板で大体の形を作ってあります。
あとは、隙間をパテで埋めれば、完成となります。



画像



ちなみに、裏はこんな感じとなっております。
見えない部分なので、かなり汚いです・・・



画像



画像




フロントシートとインパネを合体するとこんな感じになります。

中古車の画像をみても、実車とは何かがちがうなぁ。。。と感じていましたが



画像




どうも赤矢印の部分、つまり後部座席の足元空間のクリアランスが広すぎるんだと思います。
ここのクリアランスを埋めるには、フロントシートを後ろに下げるしか術はありません。
またどうするか考える必要がありますね・・・



画像




もはや定番工作となったメーターのくり抜きもやっておきました。



画像




同時にミラーの軸打ちもしておきましたので
完成後の接着も容易ですね。



今週はここまでとなります!
また来週の更新をお楽しみに^^




今週は体育大会だ。。。
200mの走り方で笑われてるからやりたくねぇ。。。
たまたま足が早い人が少ないクラスだから選抜されて。。。
挙句の果てには笑いものにされて。。。
辛いぜ☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ただドアを開けて終わらないってのが大変さを物語ってますね。
まさか、シート位置までずれているとは…
フロントをずらすのは一体型じゃなければ簡単といっても大変ですけど一体だと切り取って移動させなきゃいけなくなったりなどするので根気がいりますね…
これからとても大変な加工が待ってると思いますが
がんばって制作してくださいね
伊達
2014/10/12 00:40
>伊達さま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

ドア開閉の難しいところはここなんですよね・・・
普通では見えない部分がすべて見えてしまうので、内装の大改造が必要になってきます。
フジミらしい設計ミス(?)とかオミットの仕方が加工を大変にしているのは確かですね。
一昔前のキットであることや、ドア開閉を想定して開発されたキットではないことなどなど
いろいろ仕方がないですけどね^^;

応援ありがとうございます!
がんばります!
ザッキー
2014/10/12 00:46
こんばんわ!

ピラーや内装の修正お見事です。
それにしてもあの硬いキットをよく綺麗にカットされていますね^^
この調子で頑張ってください!!
ムル太郎/Ellpyone
URL
2014/10/12 22:09
>Ellpyoneさま

こんにちは。
コメントありがとうございます!

おほめ下さりありがとうございます♪
フジミのキットでなければ、内装の修正はこんなに苦労しなくて済んだのかなぁ
なんて思ったりもしましたが、思い通りに加工できたので良かったです。
仰る通り、かなり分厚くて硬いプラでしたね。。
カットにはかなり時間がかかりましたよ(笑)

応援ありがとうございます!
がんばります。
ザッキー
2014/10/18 12:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【プラモデル製作記そのA】 CM2 アコードワゴン ざっきーのプラモデル製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる